はんこ印鑑まとめ

ログインID
ログインPW
    
訪問数:136062 

柘(ツゲ・あかね)

◆木製印材の中で一般的な印鑑材料として多く普及しているのが柘(ツゲ・あかね)です。
◆原産地は東南アジアです。その昔、タイのことを「シャム」と呼んでいた名残りからシャム柘(シマ柘)と言われていましたが、正式には柘ではないので柘と区別するために、最近では「アカネ」と言う事になりました。
◆翻弄しやすい材料としては薩摩本柘があります。比べてみると年輪の間隔が狭く、持つと少し軽く感じます。薩摩本柘よりやわらかいので欠けやすいです。 塗装仕上げその光沢も薩摩本柘よりは美しさを発揮できないです。
◆最も普及された印材で、耐久性などではおすすめできませんが、値段的にはお求めやすい価格ですので、認印、訂正印などの利用ではお勧めできると思います。