はんこ印鑑まとめ

ログインID
ログインPW
    
訪問数:136065 

マンモス印鑑

◆マンモス印鑑といえば、マンモスの牙って今でも自在するの?と疑問に思われます。答えは実在します。ロシア・アラスカ・シベリアの永久凍土から大量に出土されるのです。
◆約400万年前から1万年前頃まで生息してたマンモスが、冷凍保存される形で現在発掘され、まるで現代によみかえた感じで奇跡にしか思えないです。
◆ワシントン条約で象牙の輸入が厳しくなった今、象牙に代わってマンモスの流通が増えているようです。しかしいくら大量に出土されるとしても印鑑の材料にするほど良い牙というものは非常に少なく稀少なのです。手に入れなら今のうちしかないと思います。
◆見た目はとても象牙とよく似ています。若干黄色っぽく、シミが残っている場合もあります。
◆象牙と似たような性質を持っているので、朱肉の付きがよく、捺印性に優れている特徴があります。
◆とても貴重なものですので、印鑑の作成時には素材の質や彫り方以外に保証についても確認して置くことをお勧めします。