はんこ印鑑まとめ

ログインID
ログインPW
    
訪問数:134705 

篆書体(てんしょたい)

◆篆書体(てんしょたい)は戦国時代に発達して公式書体とされた書体だそうです。
◆直線的にした印篆が特徴で現在でも篆書体は広く使われており、個人・法人問わずこの篆書体がお勧めです。
◆大抵全体の20%を占めているそうです。

印相体(いんそうたい)=吉相体(きっそうたい)

◆印相体(いんそうたい)は別名吉相体(きっそうたい)とも呼ばれています。
◆名前通り開運印鑑として有名なフォントです。文字が枠に接する部分が多く、割れにくく耐久性にも優れておりお勧めです。
◆大抵全体の40%を占めているそうです。

古印体(こいんたい)

◆古印体(こいんたい)は丸みを加えた日本独自で作られた印章用書体だそうです。
◆文字にふっくらと丸みがあるのと文字を枠(ワク)に少し付けて柔らいのが特徴です。
◆大抵全体の10%を占めているそうです。

楷書体(かいしょたい)

◆楷書体(かいしょたい)は木版印刷の時代からよく使われ書体だそうです。
◆現代でも日常的に使用されている書体であり、可読性が高い文字であるのが特徴です。
◆大抵全体の10%を占めているそうです。

隷書体(れいしょたい)

◆隷書体(れいしょたい)は篆書体(てんしょたい)から変化した書体であります。
◆文字が横長であるのが主な特徴です。現代文字に字形が近く、読みやすくて人気だそうです。
◆大抵全体の10%を占めているそうです。

行書体(ぎょうしょたい)

◆行書体(ぎょうしょたい)は楷書体(かいしょたい)と隷書体(れいしょたい)の続け書きにしたような書体です。
◆楷書体(かいしょたい)と隷書体(れいしょたい)をよく調和し,芸術性を生み出しているのが主な特徴です。
◆大抵全体の10%を占めているそうです。