はんこ印鑑まとめ

ログインID
ログインPW
    
訪問数:132245 

象牙

◆印材の中で「象牙」といえば、いうようもない素晴らしさでNO.1!世界一だと感じます。初めて出会ったときはミルクで出来た芸術品のようで、感動でした。象牙印鑑が「はんこの王様」と言われのはその理由があります。象牙の性質は硬く、耐久性や耐磨耗性が高く、手触りや捺した時の鮮明さなどにも最も優れています。

◆左は象牙断面です。

◆象牙も角と似ていて中心に近づくほど、 きめ細かく緻密な組織になります。つまり、上質な象牙とは、 芯を持つ象牙なのです。よく見ると木の年輪ような形をしています。普段象牙は長く、先端部分は細いので、より多くの印材をとる為、この断面と垂直方向で印材取りを行います。しかし断面の直径が60CM(通常印鑑の長さ)超えると贅沢に印材を中心部から水平方向で取り出すことができます。これはまだすごく綺麗な模様を持つ芯持ち象牙印材を生み出しているわけです。正式には【芯持ち横目象牙】と呼ばれています。一本の象牙からわずか1、2本しか採れない非常に貴重な宝物です。
◆販売店舗ことにランク付け、命名が違う(採取箇所によって芯持ち象牙、極上象牙、特上象牙、特選象牙、芯持ち横目象牙などに命名)ので、購入前は詳しく問い合わせしたほうがいいと思います。